ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
メニューを開く
メニューを閉じる
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム連合会の事業・活動統計資料資産運用に関する統計 > 年金資産の運用状況
ここから本文です。

年金資産の運用状況

契約形態別受託割合の推移(1990年度末から2018年度末)

(企業年金実態調査より)

グラフ:契約形態別受託割合の推移(1990年度末から2018年度末)

注記
2003年度までは厚生年金基金、2004年度以降は厚生年金基金と確定給付企業年金の合計値。適格退職年金は除いている。JA共済連は生保に含めている。

資産構成割合の推移(1996年度末から2018年度末)

(企業年金実態調査より)

グラフ:資産構成割合の推移(1996年度末から2018年度末)

注記1
2003年度までは厚生年金基金、2004年度以降は厚生年金基金と確定給付企業年金の合計値。
注記2
「その他」は、オルタナティブ投資、転換社債、貸付金等である。

修正総合利回りの推移(1986年度から2018年度)

(企業年金実態調査より)

グラフ:修正総合利回りの推移(1986年度から2018年度)

注記1
2003年度までは厚生年金基金の集計。2004年度以降は厚生年金基金と確定給付企業年金のうち制度移行後1年以上経過し、決算月が3月の制度を対象とした。2011年度の修正総合利回りはAIJ被害会員を除いて集計。
注記2
86年度の利回りは総合利回りであり、87年度から88年度の修正総合利回りは89年度に再計算した参考値である。86年度から88年度の利回りは、契約形態別の利回りに年度末の資産残高割合を乗じた推計値である。
修正総合利回りは加重平均により集計。

ページのトップへ戻る

ここからフッターメニューです。