ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
メニューを開く
メニューを閉じる
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム受給者の方 > 支給停止による過払い金とは
ここから本文です。

支給停止による過払い金とは

国の老齢厚生年金が支給停止となっている場合は、連合会から支給する代行年金についても全部または一部が支給停止となる場合があります。

支給停止に該当する場合は、速やかに「支給停止事由該当届」を提出していただく必要があります。提出が遅れると、支給停止の間支払った代行年金が過払いとなり、それを過払い金といい、後日返納していただくこととなります。

企業年金コールセンター

受付
時間
平日9時~17時

※PHS・IP電話からは
03-5777-2666にお掛けください。
※午前中や週の初めは電話がつながりにくくなっております。

混雑予測はこちら

ページのトップへ戻る

ここからフッターメニューです。