ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
メニューを開く
メニューを閉じる
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム用語集 > 簡易企業型年金
ここから本文です。

簡易企業型年金

制度設計を一定程度パッケージ化した中小企業向けの企業型年金で、導入手続きの緩和や制度運営の負担軽減等が図られている。加入資格を有する者の数が100人以下の企業において導入が可能である。

具体的な制度設計として、加入者となる者に一定の資格を定めることができない、事業主掛金は定額のみ、加入者掛金の額に複数の選択肢を設ける必要はない、提示する運用商品は2本以上(通常は3本以上)35本以下であることが挙げられる。

  • 参照:確定拠出年金法第3条第5項、第23条

ページのトップへ戻る

ここからフッターメニューです。