ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
メニューを開く
メニューを閉じる
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム用語集 > 厚生年金基金
ここから本文です。

厚生年金基金

厚生年金保険法等に定められた要件を満たし、設立認可を受けることで、企業が拠出する掛金は全額損金に、また、加入員の掛金は社会保険料控除になるなど、公的年金と同様の税制上の優遇措置が認められる制度として1966年に発足した。
 制度の仕組みは、企業が「基金」という特別法人を設立し、その基金が主体となって制度を運営・管理する。
 また、年金給付については、厚生年金の一部を国に代わって支給する「代行部分」に一定水準以上の上乗せ(プラスアルファ部分)を行うほか、プラスアルファ部分の一定割合以上について終身年金が義務付けられるなど、手厚い老後所得を保障する制度。

ページのトップへ戻る

ここからフッターメニューです。