ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
メニューを開く
メニューを閉じる
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム用語集 > マスタートラスト
ここから本文です。

マスタートラスト

効率的な資産管理を行うために米国において広く普及したものであり、複数の運用機関に分散して委託されている年金資産を特定の信託銀行が一元的に管理し、有価証券の保管・決済、資金決済、キャッシュ・マネジメントを行うとともに、統一的に会計報告を行うサービスである。また、証券貸付、運用パフォーマンス分析、約定執行のモニター等のリスク管理等の付加的業務も行っている。

わが国では、2000年に入ると、米国のマスタートラストをモデルに、金融グループ各社が共同出資して、以下の表に示す資産管理専門の信託銀行が設立されたが、金融グループ内に限っての資産の一元的な管理であり、米国におけるマスタートラストのように必ずしも完全に分化して位置づけられているわけではない。

3グループの状況
資産管理銀行主な運用機関契約方式開始年月
日本トラスティーサービス信託銀行 三井住友トラスト・ホールディングス
りそな銀行
再信託 2000年10月
資産管理サービス信託銀行 みずほフィナンシャルグループ
第一生命
朝日生命
明治安田生命
富国生命
再信託 2001年12月
日本マスタートラスト信託銀行 三菱UFJ信託銀行
日本生命
明治安田生命
農中信託銀行
共同受託 2002年4月

ページのトップへ戻る

ここからフッターメニューです。