ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
メニューを開く
メニューを閉じる
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム用語集 > 通算加入者等期間
ここから本文です。

通算加入者等期間

確定拠出年金の老齢給付金の支給要件となる期間で、60歳に達した日の前日が属する月以前の期間のうち、以下の期間を合算したもの。他の企業年金制度等から企業型年金に移換した資産がある場合は、その移換資産の根拠となる期間も合算される。

・企業型年金加入者期間

・企業型年金運用指図者期間

・個人型年金加入者期間

・個人型年金運用指図者期間

この期間が60歳時点で10年あれば60歳から受給することができるが、10年に満たない場合は、加入年数に応じて支給開始年齢が以下のとおり先伸ばしされる。

8年以上 10年未満 61歳
6年以上 8年未満 62歳
4年以上 6年未満 63歳
2年以上 4年未満 64歳
1月以上 2年未満 65歳

ページのトップへ戻る

ここからフッターメニューです。