ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
メニューを開く
メニューを閉じる
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム用語集 > 継続基準
ここから本文です。

継続基準

企業年金が決算時に行う財政検証の1つ。企業年金が今後も継続するという観点から行うもので、責任準備金に見合う純資産額が保有できているかどうかを検証する。
 決算終了後の繰越不足金(純資産額が責任準備金を下回る額)が許容繰越不足金と資産評価調整額の合計を超えた場合は、財政検証の計算基準日を基準日として掛金を再計算し、繰越不足金の全額を解消しなければならない。なお、資産評価調整額がプラスの場合、繰越不足金のうち資産評価調整額相当分について解消する必要はない。

ページのトップへ戻る

ここからフッターメニューです。