ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
メニューを開く
メニューを閉じる
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム用語集 > 企業型年金(企業型確定拠出年金)
ここから本文です。

企業型年金(企業型確定拠出年金)

厚生年金保険の適用事業所である事業主が単独または共同で実施。原則として、制度を実施する事業所に雇用される60歳未満の第1号厚生年金被保険者・第4号厚生年金被保険者は全員が対象となる。掛金は事業主が全額拠出し、損金算入することができるが、加入者も事業主掛金の額を上回らないことを条件に拠出(マッチング拠出)することができ、その場合は所得控除の対象となる。実施するには労使合意が必要である。掛金全体の拠出限度額は企業が既に企業年金(厚生年金基金、確定給付企業年金)を適用しているかどうかで異なる。

企業年金がある場合は月額2万7,500円、
企業年金がない場合には、月額5万5,000円となる。

ページのトップへ戻る

ここからフッターメニューです。