ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
メニューを開く
メニューを閉じる
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム通算企業年金のおすすめ > 移受換の仕組みと企業年金連合会の役割
ここから本文です。

移換の仕組みと企業年金連合会の役割

短期退職や解散、制度終了により脱退一時金相当額、残余財産分配金を受け取ることができる方(注記)はそのお金を企業年金連合会に移す(移換する)ことにより将来、生涯にわたって年金(通算企業年金)をお受け取りいただけます。

通算企業年金のしくみ・イメージ図

注記
  • 退職等の理由で、加入していた厚生年金基金、確定給付企業年金の加入資格を短期間で喪失したことにより脱退一時金相当額を受け取ることができる方(短期退職者)
  • 加入されていた厚生年金基金、確定給付企業年金が解散、制度終了したことにより残余財産分配金を受け取ることができる方

短期退職者とは、次のすべてに該当する方のことです

  • 退職などによりご自身が加入されていた厚生年金基金、確定給付企業年金の加入資格を喪失した方
  • 加入資格を喪失した日において、ご自身が加入されていた厚生年金基金、確定給付企業年金の老齢年金給付の受給権を有していない方
  • 加入されていた期間が20年未満の範囲で各厚生年金基金、確定給付企業年金の規約に定めた期間に満たない方

企業年金連合会の役割

企業年金連合会は、厚生労働大臣の認可により設立された法人で、企業年金全体の年金通算センターとしての役割を担っています。

企業年金連合会の役割イメージ図

ページのトップへ戻る

ここからフッターメニューです。