ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
メニューを開く
メニューを閉じる
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム連合会の事業・活動出版物 > 新しい資産運用情報提供の試みⅡ ~企業年金の資産運用に関する調査研究~
ここから本文です。

新しい資産運用情報提供の試みII
~企業年金の資産運用に関する調査研究~

画像:新しい資産運用情報提供の試みII
  • 発行年月:平成24年3月
  • 価格
    【会員】 1,020円(税込・送料別)
    【一般】 2,050円(税込・送料別)
  • A4判 161ページ

制度運営に大きな影響を与える資産運用を巡る状況は厳しく、現在も東日本大震災とそれに続く福島原発事故や、ギリシャショックに端を発する欧州ソブリンリスク等、予断を許さない不透明な状況が続いています。
また、AIJ投資顧問による企業年金資産消失問題は、厚生年金基金制度の根幹を揺るがす社会的問題となり、投資方針の決定や運用機関評価など、基金理事の果たすべき受託者責任のあり方について、問題が投げかけられています。
本報告書は昨年発刊した『新しい資産運用情報提供の試み』の内容をフォローアップするとともに、詳細を提示できなかったテーマや会員の問題意識が高いと考えられるテーマを新たに設定し、資産運用相談会における会員との議論を通じ検討を行いました。
本報告書では8つのモデルケースを設定していますが、その中で提示された解決策をそのまま適用できる場合もあれば、工夫が必要な項目もあると思われます。それぞれのテーマの中で取り上げられた内容が、皆様方の業務推進のための一助になることを切に願っています。
企業年金運営の第一線にいる方々にとって実践的に役立つ本書を、どうぞご活用ください。

書籍のご注文

お問い合わせ先

企業年金連合会 会員サービスセンター 政策企画課 確定給付型企業年金推進室
電話:03-5401-8712 FAX:03-5401-8727 E-mail:shuppan-chosa@pfa.or.jp

ページのトップへ戻る

ここからフッターメニューです。