ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
メニューを開く
メニューを閉じる
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム会員の皆様研修事業 > 研修事業の概要
ここから本文です。

研修事業の概要

役職員研修実施方針

2019年度連合会研修事業(一般の方向け)として制度の運営に必要な実践的知識や、能力開発の支援を図るとともに、職場におけるモラールの向上に資することを目的に企業年金管理士(確定拠出年金)研修を実施いたしております。

*DC継続投資教育研修、DCステップアップ研修、企業年金管理士(確定拠出年金)研修以外の連合会研修のご受講につきましては、会員もしくは企業年金管理士にご登録(合格)された方のみとなっております。

研修事業について

申込等について

知識・技能認定制度について

企業年金の運営に携わる役職者及び担当者の自己啓発に取り組む支援を行い、役職者及び担当者が自己の能力開発・資質の向上に対するモチベーションアップを目指し、職場のモラールの向上につなげることを目的として、制度運営に必要な実践的知識や技能を指定する研修によって習得していただき、その習得度を確認し、一定のレベルに達した方について連合会が認定を行います。

実施要領等

登録者一覧

認定試験の実施結果

研修の助成金

【助成金について(参考)】

国では人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)制度で研修費の一部を負担する制度があります。(詳細は、別ウィンドウでリンクを開きます。厚生労働省ホームページにてご確認ください。)

この制度は、労働者の職業生活設計の全期間を通じて段階的かつ体系的な職業能力開発を効果的に促進するため、雇用する労働者に対して職務に関連した専門的な知識及び技能の習得をさせるための職業訓練などを計画に沿って実施した場合や人材育成制度を導入し労働者に適用した際に、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部等を助成する制度です。

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルを閲覧するためには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)から無償配布されているAdobe® Reader®が必要です。
Adobe® Reader®はこちらからダウンロードいただけます。

ページのトップへ戻る

ここからフッターメニューです。