ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
メニューを開く
メニューを閉じる
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム企業年金のしくみ連合会からの年金給付制度 > 連合会老齢年金の支給開始年齢引き上げ
ここから本文です。

連合会老齢年金の支給開始年齢引き上げ

連合会老齢年金の支給開始年齢は、性別及び生年月日に応じて、60歳から65歳に段階的に引き上げられます。

具体的には、平成25年度に60歳に到達する男性(生年月日が昭和28年4月2日から昭和29年4月1日の男性)が61歳からの支給となり、以降は図のようになります(女性は5年遅れのスケジュール)。

連合会老齢年金のご請求にあたっては、ご留意ください。

図:老齢年金の受給開始年齢の説明

※厚生年金の坑内員・船員特例に該当する方は、女性と同じ支給開始年齢になります。

ページのトップへ戻る

ここからフッターメニューです。