ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
メニューを開く
メニューを閉じる
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム企業年金のしくみ/連合会年金連合会の年金制度について > 連合会の「基本年金・代行年金」の繰下げ支給(国の老齢厚生年金の繰下げ支給と連動)
ここから本文です。

連合会の「基本年金・代行年金」の繰下げ支給
(国の老齢厚生年金の繰下げ支給と連動)

国の老齢厚生年金は65歳で請求せずに66歳以降70歳までの間で申し出た時から繰下げて請求できます。繰下げ受給の請求をした時点に応じて、1月につき0.7%、70歳まで繰下げた場合最大42%の年金額増額となります。(年金事務所に対して申し出を行います。)

連合会の基本年金、代行年金は国の老齢厚生年金の一部を代行していることから、この繰下げの申し出を行うと、連合会の基本年金、代行年金についても繰下げ増額してお支払いすることになり、繰下げの期間中は、お支払いすることができなくなります。
そのため、老齢厚生年金の支給繰下げの申し出を年金事務所に行う方は、同時に連合会にもご連絡していただく必要があります。「(繰下げ)支給停止申出書」をご提出ください。

(国の老齢厚生年金は、65歳時点であらためて請求手続きが必要とされているため、65歳前に特別支給の老齢厚生年金を受給されていても65歳到達でいったん支払いが止まります。これに対して連合会の年金はご連絡をいただけないと支払いが継続し、後になって繰下げの選択が判明した段階で、それまでの間の支払い分をお返しいただく必要が生じてしまいます。)

様式ダウンロード

※現在、連合会から年金を受給されている方で国の老齢厚生年金を66歳以降に繰下げて受給する予定の方は、「国の老齢厚生年金を66歳以降に繰下げて受給するとき」をご覧ください。

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルを閲覧するためには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)から無償配布されているAdobe® Reader®が必要です。
Adobe® Reader®はこちらからダウンロードいただけます。

ページのトップへ戻る

ここからフッターメニューです。